歯周病菌超危険!

前記事の続きである。大阪大学大学院歯学研究科の天野教授による
息さわやかセミナーで聞いた話。

40代から特に気になってくる人が増える、唾液の減少による、舌苔増加からの口臭の他に、歯周病からの口臭がある。
野菜が腐ったにおいに似ているというメチルメルカプタンというのがそれ。
物質自体は、青酸カリ並みの毒性がある、毒物だそう!
意外と気づかないうちに進む、歯周病は、サイレントディジーズと呼ばれるらしいが、
日本人成人の7割以上が歯周病だなんて、多くないか?!

日本人成人の65パーセントが、最強の歯周病菌pg菌が感染しているそうだが、
18歳以降に感染しているのだって。
唾液を介した感染、つまり、キスから移るってのが多いとのこと、、、

天野教授おすすめの感染予防自衛策は、デートにサランラップ持っていけと・・・笑

サランラップ越しのキスってことですね。
それはともかく、恋人同士のキスだけでなく、食べ物の回し飲みや、直箸、またペットからなども歯周病菌に感染するとのこと。

感染する機会はいっぱい!だが、感染しても発症するかはまた別の話。
病気ってそういうもんよね。

お口の中が健康だったら、歯周病菌も未病のまま。
しかし、口の中がぼろぼろだったら、当然、歯周病菌が元気になる。

新陳代謝が良いころは、プラークも、自然治癒力で抑えられているが、年齢とともに、
プラークうようよ泳がせてしまう口内となり、
歯磨きなどで出血するようになると、プラークは歯周病発症につながるものとなる。
口の中の菌は、悪玉、善玉、日和見菌とあるのだが、(腸みたいですね)
歯周病で出血するようになると、歯周病菌が元気になる。

血、つまり鉄は、歯周病菌の栄養になるから。
つまり、鉄がないと、増えないし、病原性もなくなるらしい。赤血球ヘモグロビンのヘミン鉄が、
歯周病菌の大好物。鉄があると、歯周病菌が爆発的に増えるのだって!
天野先生が見せてくれた、患者さんの歯周病前後のプラークの状態をスライドで見せてくれたが、
歯周病で出血がある時の口の中は、歯周病菌で埋まってた、、、、恐ろしい。

口臭って、食べかすが腐ったとか、プラークが原因かと思うこと多いが、
出血についてはにおいとつないで考えたことなかったわ!

食べかす→プラーク→歯周病&出血→さらに悪化

同じ人でも、若い時は、日和見菌が善玉菌に味方してくれるからいいのですよ。
しかし、同じ人でも、口の中の清掃不良や体の不具合プラス加齢、となると、歯肉に出血そして歯周病!となるそうだ。

歯周病は口臭だけでなく、全身疾患につながる危険性もある。
歯周ポケットから菌が血流に入って、全身に回る!
いわゆるメタボ系の病気も、歯周病菌が加わると、さらに酷くなるらしい。

血の健康、大事!!

食べかす→歯周病→体全体の病気、、、、

ということは、体の健康のためにも、まずは、入り口である、口からケアすることがとってもとっても大事ってわけね。

プロによる定期的なケア
セルフケア

どちらも大事だが、セルフケアについては、歯磨きだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)を使うこと!
確かに、電動歯ブラシ使っていても、フロスすると汚れがついてきたりするから!

また、喫煙や飲酒も、歯周病の危険因子となるらしい。
その他の危険因子は、
ぽかん口、くちゃくちゃ食べといった、口が開いている状態や、
肥満(炭水化物、脂っこいもの、運動不足)、ストレス、睡眠不足など・・・
(詳細は、「オーラルプロテクト コンソーシアム」を検索するようにとのこと。)

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
Comment Form








管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

しゅま子

  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、今年45に。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。
    対策必要です・・・!
最近の記事
フリーエリア
カテゴリー
最新コメント
twitter
スポンサードリンク
リンク
40からの美人道
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ