スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を食べる?・・・森拓郎先生のセミナーに参加した②

前記事の続きである。
さて、森拓郎先生の「代謝をあげて冷えないカラダづくり」セミナーで聞いた話をまとめてみた。

★むくみの原因はたんぱく質(アミノ酸)不足
・・・タンパク質は1日50グラム摂ろう。
肉、魚100gでタンパク質20グラム
卵なら一個で6グラム
納豆は一パックだいたい8グラム

★食事誘導性代謝(DIT)・・・食べることでも代謝する!食べて燃やすのに消費するエネルギー
・・・筋肉量が多い方はDITは高くなる。

タンパク質のみ食べた場合、30パーセント上昇。
糖質のみだと6パーセント上昇。
脂質のみなら4パーセント上昇。
混合食では10パーセント上昇。
つまり、タンパク質を食べると、代謝が上がる率が高いということ。

★代謝異常、ホルモン分泌異常の原因となるオメガ6脂肪酸やトランス脂肪酸の摂取を減らす。

★摂りたい油は、オメガ3、ココナツオイル(中鎖脂肪酸)、バター(短鎖脂肪酸)など。
エゴマやアマニ油は過熱に弱い。
短鎖脂肪酸は、腸内細菌との関係性が最近注目されている。(詳しくは→短鎖脂肪酸
・・・しかし、短鎖脂肪酸については、そのような脂を摂取するというより、体内で作らせるのがいいようだな。その材料としては、水溶性食物繊維!!らしいが・・・過敏性腸炎他、腸の疾患に有用な効果があるそう。→太陽化学のサイトに分かりやすい説明発見
バターは、短鎖脂肪酸なんだよねー。

★ビタミンCはビタミンEと一緒に摂ること・・・ビタミンE(アーモンドやアボカドなど)

★糖質を減らす。
糖質・・・グラノラ、シリアル、スムージー、フルーツもですよ!注意!

★精製糖を控える。糖質中心はNG
★タンパク質中心にしよう。
★必要な脂質、海藻、種子類を摂る。

★スクワット・・・足を肩幅に開く。少し内またに。膝を外に向けて、足の小指と踵に重心をかけてアップダウンする。
(重心をかけるのは、足の親指ではないですよ!)
このようにすると、脚の後ろ側に効く。

まずは、シンプルに、以上を意識して、やってみましょうか!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
Comment Form








管理者にだけ表示を許可する






プロフィール
  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、40歳越え、現在43歳。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。成人の2回目のよう!
    と驚きつつ進みだした40代。文字通り、中年!40代だからこその迷い、多々あり・・・
最近の記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
最新コメント

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。