膝が、、、、コンドロイチンが必要なお年頃に突入?!

先日、太めのヒールのショートブーツで、1万歩くらい歩いた。
ここのところ、スニーカーが多かったのだが、ビジネスカジュアルで来いというイベントの為、
せめてのショートブーツ。
ちなみにメーカーは組曲。普段使い用の靴である。
洋服メーカーの靴って、服に合わせやすいのだが、やはり、足にいい造りとは言えない。
帰り頃には、足の裏も痛くなっていた。
ソールが薄くて、クッション力がないからだった。
足首のグリップも甘いし、ヒールも固い。

翌日、膝がガチガチ・・・

膝の中のクッションがつぶれたかのごとくである。
軟骨とか椎間板とか、消耗品的パーツは大事にしないとよ!
歳とったらほんと上質なものでないとダメな物ってある・・・・
目立たない老化にまた気づいてしまった。
スポンサーサイト

40過ぎてのライブハウスは、要注意?!

先日、次男とライブハウスに行った。久々に、爆音のロック。
終わってすぐ、耳がぼわんぼわん。
次男も、耳が変だと言っていたが、帰宅して、シャワーの後、治ったと言う。
え。自分は全然。
翌朝もまだもわもわ。
次男に聞くと、そんなの、昨日の夜、シャワーの時には治ったよ、
シャワーで水、耳に入れたら治った。と。
・・・耳に水入った時のもわもわと同じやり方で直したらしいが。
さすがに昼頃には治ったが、これって・・・鼓膜の調子の回復の早さって、
もしや、老いていくと遅くなる?!
鼓膜の復活に見る、老化現象?!

ライブハウス後の耳のもわもわが治らないままになったらどうしようと、本気でその時は思った。
今まで、爆音環境には色々行ってきたが、こんな危機感は初めてであった。
冗談じゃなく、気をつけよう・・・・

40歳女に似合う服

ショートパンツを履く時、下にレギンスかタイツを履くことが多い。
先日、ボトムスはショートパンツ、トップスにタイトなカットソーを着ていた時のこと。
長女から指摘受けた。
脂肪が分かっちゃうよ!と。
レギンスが、引き締め効果の高い物だったので、レギンスのウエスト部分で締め出された脂肪が、タイトなカットソーの上から分かるという。
うわ〜〜恥ずかしい。
お肉が柔らかいせいだ。
もうこの服は御蔵行き、かな。
ショートパンツももうダメかな。

昔ならそういう考えにはいかなかった。
なかなか実行しないくせに、減量しなきゃ、という方向に考えていた。
ところが最近は、服のせいにする。
年齢的に、似合わないのではないかと。
ミニスカートやショートパンツも痛々しいのでは?
毎回履くたびに緊張するスキニーも、そもそも似合ってないのでは?
足が太い人にはダメよ。
もう、この歳で身体絞って、なんの意味があるの?
食べることも楽しみたいし。

それらは全て言い訳である。
負け惜しみの、諦めの言葉だ。

今の自分に似合う服を選ぶか、服に合わせるか。
好きな服を着ればいいじゃないかという考えもあるが、似合う服を着て、素敵に見える方がいいのでは?

そんな風に言うと、なんだかそんな考えが正しいように思えてもくるが、
自分が本当に望むのは、スリムな身体で、自由にファッションを楽しむことだ。
プロフィール

しゅま子

  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、40歳越え、現在44歳。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。成人の2回目のよう!
    と驚きつつ進みだした40代。文字通り、中年!40代だからこその迷い、多々あり・・・
最近の記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
最新コメント

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ