よく思う、ほんとにしょっちゅう思うのは

気の持ちようが大事だよね


雰囲気が大事


イメージが大事



今更だけど。

「気」が大事、だよなぁ、と。

スポンサーサイト

夢の途中、ふと目を覚ました。

びっくりして、でも

怖くてでもない。


ふうっと目を覚ました。

夢の途中で。


あるひととお出かけしている夢だった。

デート、というのはしっくりこない。

ふらふら~っと

楽しそうに歩いているのだった。


目を覚ました瞬間、

周りを見回すわけでもない、

手さぐりするわけでもない。


・・・なぜわかる、わかったのか

わからないけれど


そう、

自分はそのひとの腕枕に頭を乗せて

腕に包まれて眠っている。


・・・のだよなぁ、と

小さくわかって


いや、認識して

ぼんやりと認識して


また

す~~っと眠りに落ちて行った。


続きが見たいとも思わない。

ただ

入れ子の夢だなぁと

だからどうしてかわからないけれど

うれしい感じで

また寝てしまったのだった。

衝動と戦う

凄い疲れてるのに

目がちかちか

瞼が痙攣するくらい

疲れてるのに

腰も痛いのに


はーーー・・・


さっきから何度も私を襲う衝動。


外に行きたい・・・


街に行きたい。


ふぅ・・・。


夜中の本屋に立ち読みに行きたい。

もしかして、ふらっとクラブに行ってしまうかも。


凄く疲れてるのに。。。


もうひとりの私は

行かないほうがいいよ

と言っている。


もうひとりの私は

ちょっと歩いてくればいいじゃない、

気が落ち着くかもよと言ってる。




髪を洗ってよかった。

濡れた髪ではまだ寒くて

外に行くの

躊躇するから・・・。



今日は大人しく早く寝よう。


瞼の上に アブラムシ

速い風

遅い風


思ったより冷たい風は

上空からの

急降下か。


目に向って虫が飛んできた。

すかさず瞼を閉じる。


大丈夫だったかなと思ったのに

後で鏡を見てみたら

瞼の上にのっていた。

黄緑色のアブラムシ。

うわぁぁぁ、なんてこった。。。。

今朝ね、家の中に蟻がいたのよ。
昨日、隣の植木からうちに向かって蟻がちょろちょろいて、
通り道に洗剤まいて置いたけど、駄目だったみたいで
ついに換気扇から入ってきていた。
海外で虫との共存体験していても、東京では、嫌・・・。
さて、どうしたものか、
薬置くしかないかなぁと
ネット検索していたら、
とあるページに行き当たった。
黒背景に白い文字で
「ツェねずみ」・・・創作かな?

上手い人がいるもんだよなぁ、ごろごろと・・・

なんて思いながらざっと目を通す。
一番に目に留まったのは
「金平糖」という文字で
なんだか面白そうな・・・仕事中だから後で読もうと思って
目次のページのアドレスコピーしようと思いきや・・・

なんと・・・

さすがなのでした。宮沢賢治だったか・・・。
改めて読みたくなりました。


http://why.kenji.ne.jp/douwa/sinla2.html

私はとりあえず、満足かな。

傍から見たら・・・


シングルマミー、三人子持ち。

養育費も貰わず、しがない給料と

子持ちの手当てや母子家庭の手当てで

細々と暮らしてる。

役所の人ですら、「どうしてやっていけるのか不思議です」と。


35歳。

シングルマミー。

ばつイチ。

三人の子供は、大人しくない。


だけど、

なんだかね。

私は満足してる。

次の瞬間死んでしまったとしても・・・。


先はわからないけれど

今の時点、

毎日一生懸命。

みんな元気。

いい友達。

好きなことして

自由。


私にとっては、楽しい暮らし。



遊び心、今日この頃。

朝、出かける前に、ボサボサ頭をリーゼント調ポンパドール。

ピン留め使い、なかなか慣れないけれど。

丸い飾りのついたゴムで、部分的に髪を縛ってみたり。

変な感じが面白い。

ちょっとした気分転換。


打ち合わせにやってきた人(大抵、男)にコーヒー出す時、

ちょいと色こめて、目を合わせて愛想サービス。

スマイルサービス。

ちょっとした気分転換。


八重桜の花びらに手を伸ばし、

もうすぐ終わりかな・・・花びらカサカサしてきたから。



毎日毎日へとへとだけど、

遊び心でなんとか乗り切ります。

みんなも頑張って・・・!




根詰める、理由。

「そんなに根詰めないでいいよ~」


とか


「どーーしてそんなにヘナヘナになってるの、あー、まー、疲れるもんね、それ。」


とか言われつつ


まだ火曜日だっていうのに、目、なんか殺気立ってる私。


目の前に貼り付けた仕事の予定表。



最近、子供達、ちょっと風邪っぽかったり

新学期疲れも出てきたのか、

いつ呼び出されるか、ドキドキ。

子供がいると、早退だの欠席だのあるわけで、

突然仕事、休まないといけないことも想定して

仕事は前倒しにしておかないと安心できない・・・


「さすが!」とか

「一番、進んでるよ!」とか

言われる柄じゃないのに

結構真面目に頑張る今日この頃・・・。


保育園お迎え時には、もう、笑顔振りまける状態ではない。。。




なんでまた死体運びシーン続くよ?


先週は、DVD鑑賞Weekだった。

しかし、一週間に八本はやはり・・・見るの大変だった。。。



私の大好きな監督の映画「ボルベール」をやっと見る。


彼の作品、それぞれ、違う。でもそれぞれ、通ったものを感じる。

ありそうでなさそうで、いや、ありえなくもないこと。

ありえなくはないけれど、特異なこと。


込み入った?ストーリーを最後どう終らせるか。


ボルベールは、これまた濃いストーリー。

途中、はは~ん、と気付く。

簡単に気付くようにしてくれている。

それも工夫のひとつだろう。


暗いはずの内容なのに、

色彩の温かい明るさが重さを軽減しているようだ。

美しくも悲しいけれど。


人間の、犯してはいけないけれど犯してしまう間違いが出てくることが多いかな。

人間らしいけれど、やってはいけない、やらないで!

と思う。

が、やってしまう主人公を見ているほうは許せる・・・悲しいけれど。


過去の作品の中に、女性の小説家の話がある。

その中では、身内の盗作ネタや、夫と自分の友人との浮気、編集者との新たな希望といった、

もろ人間的喜怒哀楽あり、優しいユーモアもある。

CGや派手な演出はもちろんない。

単なる、どちらかというと、暗いドラマなのに、見るほうはぐっと惹きつけられる。


彼の作品は、彼ならでは。



死体運びシーンがあるのだが、

この次に見た違う映画でも、たまたま、

死体運びシーンがあった。



やっぱりたくさん忘れてる。

少し前から、見たいと思っていたDVDを見た。

ずーーっと昔に見た映画。

確か日比谷で、当時いつもつるんでいた男と。


ほんと変わらないなぁ、と思うのは

その頃も今も、映画が好きで映画の話が好きで

音楽が好きで本が好きで

あちこちぶらぶらするのが好きだということ。


ジム・ジャームッシュの「ミステリー・トレイン」


どんなだったかな。


え、こんなだったんだ。

こんな白い口紅、塗ってたっけ?

え、こんな色のジャケットだったっけ?


あぁ、あぁ、そうそう、こういうこというんだった。

あー、このシーン覚えてる。


そんな風に思いながら見たけれど、

やはりストーリーの、細かいところや、

肝心の終わり方は忘れていて、

雰囲気、イメージばかりを覚えているのだった。


何に重きを置くかということで、

見る人それぞれ、覚えていることは違うのか

それともこの映画の特徴が、

イメージ的だということなのか。


いずれにしろ、映画は、最初に見た時の感激が

一番大きくて、そのあとは、

自分の期待がふくらむせいか、

下り坂。

よくわかるという意味では何度も見るたびに

わかることも増えるのかもしれないが、

煌めきは、やはり一番最初、かな。


しかしまぁ、大好きな映画だと思ってい作品ですら

ずいぶんと記憶が曖昧だったので、

もっと忘れていることがたくさんあるんだろうなぁ、

思い出さないほうがいいことも、と思うのだった。

なぜならやっぱり、好きだから

こちらが痛い思いをするリスクたっぷりでも

いいんだ。


だって、幸せなんだもの。

抱き合って眠るだけでさ。


それが大事だから、いいんだ。


珍しく汗の匂いがたっぷり。

肌もペタペタ。

人間らしくなったのかな?


抱き合って寝てたら

匂いついちゃって

仕事行く前、いつもの倍の香水振りかけて

それでも、ついた匂いの方がずっと強くて。


香水の香りが消えても

体の匂いは消えない。


匂いを感じるたびに

嬉しくなる。

好きな匂いだから。


私の匂いじゃない、匂い

一日中

肌にぴたりとついた

いい匂い。


存在感じる

いい匂い。


私が重きを置くところは、

そういうこと。

一緒に寝るときの心地よさが

とにかく大事。


だから、いいんだ。

鼻をくんくんさせて

匂いを嗅ぐ・・・

何度がっかりさせられようとも

きっと、何度も忘れてしまうのだろう。


ありえない!信じられない!

そんなショック。


ありえない。。。


ショックで言葉にならないね。


そんなことがあっても

この先にもそういうことが起ころうとも


・・・・


本当に、そうだろうか?

私は何度も忘れて

見ない知らないふりをするのだろうか?


それとも

もうそんなことは起きなくなるのか


いや、きっと気付いていないだけで、

うまく隠されているのかも。



もはやどうでもいい。。。

明日も睡魔との戦い決定。

たまには軽い映画でも見て早く寝ようと

DVD鑑賞。

レンタルするときは、色んなものを混ぜて借りる。

好きな系統。

また見たいもの。

軽いもの。

なんとなく見てみたいもの。

などなど。

で、最初は大抵軽いのを見る。


今日はなんと(笑)

「プラダを着た悪魔」を見た。

私のガラじゃないから、

友達に見つからないように借りたりして!?


ストーリーはまぁ普通に

平和な映画(笑)。

でもいい気分転換になったのは、

とにかく服。

カワイカッタ☆


ストーリーもかわいらしい。

一回で十分だけど。


そのまま寝ればいいのに

パソコン開けちゃって。

また今夜も一時半までに布団に入れるかという・・・


ふ~・・・。。。

チームプレイは苦手

疲れた時は特に、人に対する配慮にも欠ける。

眠い。

今日、通勤中に何度も「体調不良のため・・・」と

電話しそうになった。


冬は寒さで体縮こまり、緊張感。

暖かくなってそれが緩んだのか、

それとも寒さにも耐えた疲労が出てきたのか。


わからないけれど。


余裕がないからか、やたらイライラして

家でも怒り爆発。

朝からこんなの嫌だ!と叫ぶ。

夜は夜で、もういい加減にしてくれないかな・・・と言った直後に、

自分が割いた時間が無駄だったとわかる。

もうどうとでもしてくれ・・・・


そんな日々はひとりがいい。


毎晩イラつくこのブログの広告。

「ままも稼ぐ」とか「復縁する方法」とか

どっちも

溝に捨ててしまえ!という気になる。

根拠なく?イライラする広告。


今日、帰って、また赤飯食べた。

玄米赤飯。

おかずは小松菜ともやしとエリンギと玉葱とさつま揚げの

煮浸し。

明日もお昼は赤飯。


そうやって、連続で同じもの食べても

好きなものなら平気なのに。


いちいち考えないけれど、

とにかくキライ!

とか好き!とか・・・・


考えたら

突っ込みどころ満載だからだろう。


それでいいのか?と

バスタブに浸かりながら考えて

天井を見つめていた。


そおだなぁ。

自分の好き嫌い、無意識的な行動に対して

なんで?って考えてみるのもいいかも。

間違え直しみたいに・・・

あしたー、やっとー、終るー

苦手な関数・・・100項目。

読むところ多いし

入力メンドクサイし

ワケワカンナイし


手が暖かくなる

きづくと瞼下がる

姿勢を正したり

深く腰掛けたり

原稿近づけたり

時々ネット見たり

あちこちぼーーーと見つめたり

誰かに話しかけたり

コーヒー入れたり

水飲んだり

うろうろまわってみたり


息絶え絶え・・・


ハーゲンダッツのカシスとオレンジていすと。

冷たくって、すっぱくて、

愛してるわ!ってなくらい私を甘やかせてくれた。


はーー・・・

初日に70ページぐらい進んで、トータル270ページくらいだから

四日で終えようと、

亀のスピードで・・・

それでも何とか、毎日自分に課したノルマは済ませ

(それ以上は出来ない・・・思考停止になる。)、

徐々に、済みの山が厚くなり、

残りの束が薄くなる・・・。


頭の働き悪くなって、

途中、ぼんやり本の梱包していたら、

生まれて初めて

ダンボールで手を切った。

ズボっと指に食い込んだ。

血をつけないように気をつけながら

箱を作る。

全く、カッターじゃなくてダンボールで切るなんて、

集中してない証拠だ・・・と思いながら。


それでもなんとか、75項目終えて、

明日で終る、ひと仕事。


やったーー・・・


逃げられないからね・・・。

少しずつでもホント積み重ね。

でも逃げなければ

ちゃんと終る・・・。

やっぱりお弁当

中途半端に残っていた小豆を何となく茹でたものと

玄米ともち米を炊いて、意味はないけど赤飯作った。


お弁当に持ってきて、ゴマ塩振って食べる。


あぁ、、、おいしい・・・


外は曇り空に小雨。冷たい雨。

だけど、おこわを口に運ぶ私は

いちいち感動、

ちょっと視線を上げて

遅咲きの桜。

お菓子より

甘いのは

人の優しさ。

やっぱり、愛がないと。

神楽坂のとあるパン屋。

おそらく、知られた店。


昔、「月の輝く夜に」という映画があったけれど、

あの中の、

ヒロインに出会う前のパン屋の主人(ニコラス・ケイジ)の

不機嫌そうな顔にさらに灰色感をプラスしたようなおっさんが

偉そうにいる。

あと、ほかのスタッフ。

女の子のバイト風なのが、無駄に多い。

そして、パンは値上がっていた。

味は、下がっていた。

魂のないパン。

材料費も削られたんじゃない?

原料がよくても、

愛がなければ、いずれにしろ、美味しくないよね。


その店の近くの交差点、今まで何度も信号待ちしていたのに、

おそらく日本一有名な占星術師(私は全く興味がないひと。)

の事務所という文字がでかでかと上のほうにあったのに

今日初めて気付いた。


帰り、お気に入りのイタリア料理レストランの前を通った時、

店の中から、難しい顔をして外をぼんやり見ていたオーナーシェフの顔が

見えた。

エプロンのリボンでも直しながら、

今日は、客が来ないなぁとでも言いたげな顔。


時折、凄くイタリアンランチが食べたくなると、そこに行く。

付け合わせのパンも、食後のカプチーノも、おまけ的な

乾いたバケットや、ファストフードのコーヒーとは全く異なって、

それだけでも十分幸せ感じそうな

愛のこもったランチ。

私が行く時は、いつもあとからどっとお客がやってきて、

満席になるのに。

しかし、今日、私はイタリアンにちっとも心惹かれなかった・・・

ほかの人もそうだったのかな。

外を向いていたシェフ、

微笑みかける隙もないほど、険しい顔していた。

でも彼は、

愛のないパン屋より、きっと、壊れるように顔を崩して

大笑いするタイプに違いない。

だって、料理に愛を感じるから。



メタボランチって?

メタボと言われようが、なんのその、

こってりでっぷり系のランチなのか

それとも

メタボ予防または対策ランチ?


牛込北町の交差点を通り過ぎる時見かけました。。。。

「メタボランチ」

流行ってんの?

「そんなことしたら、止められますよ」

よく言われるんだけど。

流行り言葉?

雑巾縫いながら、時給を思う。

新学期・・・またしても雑巾縫い・・・。

今のご時勢、買うもんだって?

買うのは簡単だよね。

時給考えると、なんて高い雑巾なんだ!

なんだよね・・・。

でも、未だ、買ったことない。雑巾。


一年生の算数セット。

子供を持って知る苦労のひとつだ・・・。

名前付け。

おはじきやら、なんやら、小さなシールに名前書いて、

小さな部品に貼り付ける。

百回以上、子供の名前を書く。

それが大変だなんて、子供は分からないだろうなぁ。

子供にやらせたいけれど、

これまた、子を持つ親なら、分かるだろう・・・

やらせる方がもっと大変。

こおいうのも、ひとにやらせりゃ・・・て、私ナニモノよ~。


それにしても、やらなきゃならないことだけで一日終るのは辛い。

睡眠時間を削るしか、自分の時間を広げられないのだけど、

睡眠不足になると、仕事中の眠気がも~~~、辛くて辛くて。これまた辛いから。

最低限は確保しないと。睡眠時間。


つまりは、雑巾縫いも、「やらなきゃならないこと」でなくて、

・・・・って意識を切り替えてというのも、

やっぱり無理が・・・


・・・オヤスミナサイ・・・

自分干し

久々に近所の公園で日に当たった。

布団干し日和。


自分干し。

精神もカビ生えるからね。

こまめに日光浴するといい感じ。

生きるって、こういうことでしょ!

そう感動したことありますか?



ただ特別なこともなく

ただ遊ぶことが出来て

それを楽しいと思えるのは

素晴らしいよなと

子供の動きを見て思う。



規則も大事だけど

自分で自分に課す規則は

何のため?


意味あるならいいけど

意味もなく、

ぎゅうぎゅう縛っているってことも

あるよね。



昨日もカーペットに腹ばいで寝てしまった。

気付いた時何時か分からないけれど

なんとか布団を敷いて寝た・・・



時々、検証が必要・・・・。

何に重きを置く?

そう、それがまさに

価値観がどうのって話なんだよね。


考えたいことやりたい勉強一杯で、

家の中はぐしゃぐしゃ


それでもいいじゃない。


食べることより研究したいことで頭がいっぱい。

栄養バランスなんて考えていられない。


それでもいいんじゃない?


お弁当作るのに時間がかかって

集合時間に遅れる。

・・・弁当が何より楽しみだったそう。


それならそれでいいんじゃない?


とにかくシンプルライフに夢中。

最低限の物以外は買わない、捨てる。

掃除もラクで探し物の苦労もない。


それもいい。


物が捨てられなくてね・・・


それでも自分がいいなら、いいんじゃない?




いいんじゃない?

人それぞれで、いいんじゃない?


もちろん、人に迷惑かけちゃ、だめだけどさ。



悲しんでいる暇はない・・・

季節のせいか?


桜の変化があまりにもわかりやすいから

時間が 日々が過ぎていくのに意識的になる。


ふと・・・


常に過ぎていく

今、過ぎて行き続ける。

だから

どんなに甘くても

過ぎた、惜しいものを惜しむのは

たまにして。

休憩用にして。


進行方向に目を向ける。

自分にとって、必要な、よいものを

キャッチして引き寄せて行きたい。



そんなことを考えている私に

「頑張って、ママ!」

なんてメールが。


ママ・・・

そうなのよ、感傷に浸って?いるわけにはいかず

ママ。

それが現実!


だからって、遠い目しちゃいけないの?

ママは恋しちゃダメですか?


メールの返事は

「ほんとによお!」


何でだ?偶然

久しぶりに、以前住んでいたところ・・・実家の近くに行った。

どういうわけか、偶然出会ったのは、

親しい人少ない私の、どちらかというと親しい人のひとり。

相手に見つけられたのだが。

前回、気分的に具合の悪かった彼女の家にいきなり、

まるで、昔の子供の「あーそーぼ!」みたいに声を掛けに行き、

誘い出したのだが(具合悪いと知らなかった。)。


それ以降、すっかり元気になったのよーー!



(あーーーよかった、よかったねぇ~!)

最近制服化した黒い薄手のコート(下も黒いカットソー)にジーパン、黒いスニーカー、

もさっとした(計算の上です・・・)髪、紫のベルベット調のマフラー、耳には大きめのピアス(四葉のクローバー)という、怪しげな私と

春らしい装いのお嬢様ママ花粉症マスクの彼女が

横断歩道で再会を喜び合う姿は

まぁ、通行の邪魔でしかなかっただろう。。。。



その後、長女6歳のわがままにブチキレ、不機嫌な私、

うつむき加減に帰りの電車に乗るべく、改札を通過すると、


またしても、発見者は私ではなかったが、

やはり、

親しい人少ない私の、どちらかというと親しいのひとりに遭遇。


あれぇ?シンガポール行ってたのでは?


あぁ、今朝帰って来た。


仕事?


そお、ツカレター。




彼女はご飯食べてるのか?

元々かなり痩せているのに、更に目が落ち窪んでいた。


ちょっと、大丈夫?倒れないでよ?

っていうか、もう、倒れちゃって、旦那に何でもやってもらうとか・・・

ってワケには行かないのよね・・・

などと3分会話。



不思議だ・・・

よりによって、たまたま会った人が・・・

って、実は色んな人に会っていて、

たまたま、知っている人に気づくだけだったりしてね。


すこうしだけ、ひんやり。(いやらしい意味ではないよ!)

相手の服の中に手を入れて、肌の感触。

しっとり。

顔寄せて、肌の感触。

ぺったり。

唇寄せて重ねるうちに唾液で濡れた唇

ほんのり。


生きてるの感じる

相手を感じるのに、

特に重要な要素は

湿り気、水分、うるおい?


そりゃそうだよね、人の成分・・・



気持ち悪いこと、言いたくなっちゃった。

布団に入って、

いつものように、極楽トンボの腕枕。

嬉しいなぁと思って

ひとり笑っちゃって、

「気持ち悪いこと、言いそうになった」と言うと、

相手は

「気持ち悪いこと、言わないほうがいいよ」


気持ち悪いことって言うのは、

照れくさくて気持ち悪いことなんだけど、

相手は、照れくさいから言って欲しくないのか、

ほんとに、ぞっとするからなのか知らないけど


「気持ち悪いこと、言わないよ、

うん、気持ち悪いから、言わない」

「そのほうがいいよ。」


年取って、気持ち悪くて「言っちゃだめっ」てこと増えたかも。


上手く言い表しがたいこと、上手くないけど、言う?

それとも、上手く伝えられそうにないなら、言わない?

と聞くと

「う~ん、違う風に言い換えるかな」。


どういう風に?例えば、と聞くと

相手は黙ってしまった。

黙ったまま、すぐ寝落ちるんじゃない?

夢の中に逃げるかも?!


再び例えば、と聞くと、

相手は眠かったのか考えていたのか分からないけれど、

しばら黙った後

「・・・・言わないかな~、やっぱり」


いや、きっと、言ってるんだろう。

ただ、誤魔化したんだ~

その後、どちらが先かわからないくらい、

あっという間に寝落ちた。


朝、会社に5分だけ遅刻する夢を見て、びっくりして目を覚ました。


起きた後も、気持ち悪いこと、言えなくて、言わなくて、

そういうの、この人とは言い合えないのはつまらないなぁと思った。

自宅クラブにて。

踊りまくるクラブじゃないよ。


台所に、折りたたみテーブルを出して

スツール二つ。

残しておいた野菜のおかずと

次の日の為に作ったお味噌汁、あっためて。

グラス出してエビス注いで

おつかれ~。

お客はひとり、

ママは私。


映画の話

俳優の話

流行の話

スニーカーの話

限定品の話

デザインの話

雑誌の話

小説の話

音楽の話

スポーツの話

芸能人は公務員じゃないんだからって話。

髪型の話。

トレーニングの話。

おいしいものの話。

街の話。

ライブの話。

子供の話。

女の性格の話。

性格の話。

職場の面白話。

写真の話。

自分の楽しい時間の話。


3時間弱の間に少なくともこれくらいの話題。

もっと時間あれば、花札大会。


年取るって、いいよねー!


プロフィール

しゅま子

  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、40歳越え、現在44歳。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。成人の2回目のよう!
    と驚きつつ進みだした40代。文字通り、中年!40代だからこその迷い、多々あり・・・
最近の記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
最新コメント

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ