寂しさの代用品。

私を愛してくれている一人の男は、まだ21になったばかり。

将来もまだ定まらず、葛藤の時期。

自分自身の為の人生をまだ歩き始めていない。

だから、自身の土台がまるで出来てない。

若さゆえの、完璧主義的なところ、白黒はっきりつけたがるところがある。

怖いもの知らずで、気持ちをぶつけてくるところ。

心意気がいい。

私の短所もズバズバ刺してくるので、むっとはくるけれど、

考えさせられる。そんな風に言ってくれる人がいるのは幸いだと思う。

精一杯、愛してくれているのも分かる。


しかし、よく、喧嘩する。

真剣さゆえだという。

確かに喧嘩するたびに、大事なことに気づく。

直さないといけないことに気がついて、

すぐ直そうと思う。


ただ問題なのは、彼の今の状況があまりにも不安定であり、

精神的に滅入るような生活で、何でも真剣すぎる彼は

そんな状況に左右されすぎるのだ。

考えすぎ、心を硬くしてしまう。

思うようにならない、寂しさからか、

本人いわく何とかして欲しい、気を引きたいがために、

私を攻撃してくる。

ちょっとしたことで、機嫌を悪くしたり、

え?と思うような発言で、二人の関係に揺さぶりをかけてくる。

時として、私の心を得るための、ずるい策略のときもあるそうだが。


最近もそうだ。

普段は私が彼を振り回してるのだが、

最近は、彼の精神状態に、どうも振り回されている感じ。


かなりしんどい。


だけど、それでも一緒にいたいと思うからいる。

彼は、誰より私を思ってくれている。

気持ちをしっかり支えてくれる。

普段は。

だから、時々来る、荒れ模様にも私は耐えられる。


うんざりすること多いけれど、

それでも、彼がいなくなるのは辛すぎる。


友達は、そういう相手のことを私にとっての

「寂しさの代用品」だという。




スポンサーサイト
プロフィール

しゅま子

  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、40歳越え、現在44歳。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。成人の2回目のよう!
    と驚きつつ進みだした40代。文字通り、中年!40代だからこその迷い、多々あり・・・
最近の記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
最新コメント

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ