言い訳(苦笑)。

去年まで、かなりのペースで更新していたこのブログ。
言い訳としては、一時期、ネットが使えなかったことと、
生活がまるで変わってしまったことがあります。

過去のことは、過去の生活とともに、なんだか終わってしまった気分。
色々な思い出が、一気に色あせてしまった感じ。
誰かと一緒に作った思い出というものは、その誰かと別れたとき、
こんなにも体を変えてしまうのか、、、、と思わずにいられない。
逆に、思い出がたくさんあるからこそ、離れ辛い、例えば、親子のように、とも感じる。

だからと言って、自分の世界を狭めるような人と一緒にいるべきだとも、思えない。
二人の関係を始めたときから、周囲の、私を思ってくれる人たちは気づいて、教えてくれていたのに、あまりにも長く、一緒にいすぎた。
その間に作られた思い出、大好きな旅の思い出さえも、
曇りの取れたレンズで見てみると、なんだかおかしなものだったことに気づく。
でも構わない。それはそれで。
自分がある人と一緒にいた期間は、自分の気持ちも、ある人とともにいたのだから。
ある期間、と割り切って、まぁ、そんなこともあったな、と
さらりと考えることにする。
その期間があって、自分がある、
旅を重ねて色んなことを知ったように、
ある人と一緒にいたことによって、何かしら貴重なものを
学んだわけだから。
どんなにひどく思えることでも、経験は無駄ではなかった、
そう思いたい。。。

つくづく、人生って、旅だなぁと思わずにいられない。
そして、今は、前に進んでいく旅の道中。

まだまだ、旅行する気になれないけれど、身近な旅のことでも書いていこうかな、と思っています。
その前に、中途半端になっているカテゴリを片付けるかな(笑)。
かなり、かいつまんじゃいそうですけど。

これからも、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

飾りなく、そのままの魅力。

徳島に行ったとき、ついでに四国一周したことがあった。
祖母と二人で、電車やバスを乗り継いで。
どこも、観光客が少なく、何だか遠くに来たんだなぁという気にさせられた。
観光客というのは、その名所を飾る、背景となる。
それがまばらということは、その、名所自体の魅力がよく分かる、
そんな気がした。
余計なものに、空気を動かされることなく、
その場が持つ雰囲気が、停留している。
どこかから、切り離された、ある場所。

誇大に見えることもなく、相応の、
しかし、だからこそ現実的な風景。

テーマパークは、嫌い。。。。

思い出の、旅。

たくさん旅をしてきた。
旅の直後は、興奮冷めやらず、
ほんと、旅って大好き、
又行きたい、
生き返った~、
などなど思うわけ。

しばらくしても、
よかったね~、よかったよ~、
すっごくいいよ~
と、誰に聞かせるのか、
連呼する。

おそらく、
いい旅をしたということを
忘れたくないのだろう。
何も残らないように見えたとしても、
思い出は、自分の心の中にしかなくて、
儚いとしても、
ホントに行ったんだ、
あれは、「いい」旅だったんだ、
と、自分に言い聞かせたいのだろうか。

いい旅だったと判断するのは自分。
思い出したくもない、嫌な旅だと
思い込むのも、忘れ去るのも、
自分の頭と心の中でのこと。

凄くよかったと思えた旅も、
今ではすっかり、埃をかぶって、
疑問を生む。

ほんとに、いい旅だったのか?
そう思いたいだけ?

いい出会い、旅のプロセス、
そこにいた、自分。
それら全て、実体がない。
いくらたくさんあっても、
決して、手でつかめない。

前は突き動かされるように、旅に出ていたのに、
今はせいぜい、ぼんやりと思うだけ。

あぁ、行きたいな。。。って。
行きたいと言いつつ、たいしてそう思っていない自分に
気づいてる。

物を買うより、経験や、かけがえのない思い出のために、
お金を使いたい、そう思ってきた。
今もそういう気持ちは大いにある。

けれども、今は、旅も自分に新しい風を送ってくれるとは
思わない。
何度やっても、一度限りのすばらしい何かが、そして、
それがもたらす思い出が、
今の私を助けてくれることは、ないだろう。

そう思い込んでる。

気乗りしないまま、ぼんやりと、
どこかへふらり。
そこにある風景が、
そこを飾る背景が、
静かに
優しく、
何かを教えてくれるかも。

知ってる。
よく分かってる。
つもり。
自分は旅が大好きだって。
手のひらからこぼれ落ちようが、
詰めたはずの思い出袋の中が、気づかぬうちに、
スカスカになっていようが、
旅への想いを捨てることはない。

けれども、知ってる。
また一年過ぎ去ったと思うたびに、
自分が本当に欲しがっているものは、何なのか。

旅をしなくなって、ほんのちょっぴり、
気づいた。

自分が本当に、欲しいもの。
それが何なのか。


プロフィール

しゅま子

  • Author:しゅま子
  • 33歳から、3人の子供のひとり親となり、40歳越え、現在43歳。40で、いろいろ考えるし、身体も変わると聞いていましたが、ほんとに変わってびっくり。成人の2回目のよう!
    と驚きつつ進みだした40代。文字通り、中年!40代だからこその迷い、多々あり・・・
最近の記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
最新コメント

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ